沿革

ホーム > 沿革

沿革 ~当社のこれまでの歩み~

昭和5年(1930年)・・・稲荷市場(神戸市湊西区 ※①)にて塩干物小売店を開業 
昭和20年(1945年)・・・神戸大空襲を被災、のち終戦
昭和25年(1950年)・・・小売店の組織化を目指し、屋号を「末廣屋総本店」とする
昭和33年(1958年)・・・「株式会社末廣屋総本店」を設立、業容拡大を計る
昭和38年(1963年)・・・取締役 常峰 昇次が、代表取締役社長に就任
昭和38年(1963年)・・・神戸佃煮工場が竣工 (神戸市生田区 ※②)

昭和40年(1965年)・・・「株式会社末廣昆布」に改称、製造・卸に業態移行し全国展開を計る
昭和42年(1967年)・・・神戸本社ならびに神戸工場が竣工 (神戸市生田区 ※②)
昭和43年(1968年)・・・関東営業事業所を開設 (東京都狛江町 ※③)
昭和50年(1975年)・・・関東営業事業所を新築・移転 (東京都町田市)
昭和52年(1977年)・・・神戸本社に研究室を設置、名古屋市に中京営業所(※④)を開設
昭和53年(1978年)・・・明石工場が竣工(研究室を同工場に移転)、福岡市に九州駐在所を開設
昭和55年(1980年)・・・創業50周年を迎える
昭和58年(1983年)・・・明石工場第二期工事が完了、富士通FACOMシステム80を導入
昭和63年(1988年)・・・富士通FACOM K-240Rを導入し、全オンライン化
平成元年(1989年)・・・関東営業事業所を新築・移転し(町田市内)、東京支店に改称
平成4年(1992年)・・・明石工場第三期工事が完了
平成5年(1993年)・・・明石第二工場が竣工
平成7年(1995年)・・・阪神淡路大震災を被災、商品落下などの被害
平成17年(2005年)・・・代表取締役社長 常峰 昇次が、代表取締役会長に就任
平成17年(2005年)・・・専務取締役 常峰 誠人が、代表取締役社長に就任
平成18年(2006年)・・・明石新第二工場が竣工
平成20年(2008年)・・・ISO9001認証を取得
令和元年(2019年)・・・公式ホームページならびにSNSを開設



※①・・・「湊西区」は、現在の神戸市兵庫区
※②・・・「生田区」は、現在の神戸市中央区
※③・・・「狛江町」は、現在の東京都狛江市
※④・・・「中京営業所」は、現在閉鎖


お問い合わせ
トップにもどる