原藻とは

ホーム > HOME > 原藻とは

原藻とは

「仕入れたて」の昆布の束を、一般に「原藻(げんそう)」と呼んでいます。この「原藻」はあくまで原料のため、このままお店に陳列されることは少ないですが、その種類は多岐にわたります。一束あたりの重量は約20kgあり、軽いものでも10kgあります。工場では、これらを当社職人が目と手で選別し、用途に合わせて加工していきます。身近な存在である"とろろ昆布"や"汐吹昆布"... その全ては、この「原藻」が素となっています。こうした海の恵みに感謝し、日々の生産活動は行われています。
お問い合わせ
トップにもどる